HOME

使いやすいスプレータイプの離型剤もある

離型剤に期待される役割は、製品の材料となるゴムなどの物質と、それを成形するのに使われる金型間の粘着を防止することです。その意味では、例えば、成形作業を開始する前に、金型を離型剤でコーティングしておけば準備万端と言えます。実際、成形する製品の数が少ない場合や、一度の成形作業に要する時間が短い場合であれば、それで事足りるでしょう。
しかし、ゴム製品やプラスチック製品は、同じ金型を使った成形作業を、長時間にわたって連続して繰り返し、同じサイズ・形状を持った製品を大量生産する場合が多いです。
そんな時、最初に一度、離型剤を金型に塗布しただけでは、作業を続ける間に、離型効果が徐々に劣化してきてしまうものです。つまり、離型効果の劣化の兆候が見えてきたとき、或いはむしろそれに先立って、離型剤を追加塗布することが、成形作業を滞りなく進めるために、どうしても必要になります。
この要請に応えることができる離型剤として、フッ素コーティング剤を主成分とするフッ素系離型剤があります。フッ素系離型剤の製品の中には、スプレータイプのものがあります。これを成形作業を行う現場に常備しておけば、離型効果が思わしくなくなってきたとき、いつでも追加塗布して、スムーズな離型が出来る状態に戻せるので、とても便利です。

TOPICS

綺麗な形のゴム製品を作るのをサポートする離型剤

ゴム製品は、日用品としても、工業製品の製造現場で使われる様々な部品としても、実に多くの製品があります。ゴムは、柔軟性に富んで加工もしやすく、その特性上、非常に扱いやすく便利な素材ですが、製品とし…

≫more

離型剤として働くフッ素コーティング剤

製品の製造現場には、製造に使う素材によって、様々な必需品があります。シリコンやゴム、そしてプラスチック素材を使う製品製造現場に欠かせない必需品の一つに、離型剤があります。離型剤というのは、こうし…

≫more

使いやすいスプレータイプの離型剤もある

離型剤に期待される役割は、製品の材料となるゴムなどの物質と、それを成形するのに使われる金型間の粘着を防止することです。その意味では、例えば、成形作業を開始する前に、金型を離型剤でコーティングして…

≫more

フッ素コーティング加工が施された工業用離型剤の特徴

離型剤とは、プラスチック製品やゴム製品などのを製造する際、大量に製造するため、一つの金型から作られます。その際に金型からスムーズに製品がはがれるようにしてくれるのものです。業務用の離型剤にはいく…

≫more

WHAT'S NEW

2019年04月16日
フッ素コーティング加工が施された工業用離型剤の特徴を更新しました。
2019年04月16日
使いやすいスプレータイプの離型剤もあるを更新しました。
2019年04月16日
離型剤として働くフッ素コーティング剤を更新しました。
2019年04月16日
綺麗な形のゴム製品を作るのをサポートする離型剤を更新しました。